社内報・会報誌を修正ゼロで実現するデザイン会社

トップ  >  企画・編集  >  原稿をデザイナーに渡すその前に

企画・編集

原稿をデザイナーに渡すその前に

通常、原稿作成の前に、どのような要素をどのように配置するか、
誌面構成を考えられると思います。
原稿が仕上がった際、最初の構成案通りにレイアウトを依頼するのではなく
足りない要素はないか、不必要な要素はないか、掲載順序は良いのか、
など誌面構成の再検討をしてはいかがでしょうか。
精査することで、より読者に伝わる誌面に仕上げることができます。

先日、ある企業さまの社内報のリニューアルを担当させていただきました。
ご依頼内容は主にデザインのリニューアルで、すべて原稿支給でしたが、
文章の順序や扱いなどの誌面構成を提案させていただいたところ、
「分かりやすく、読みやすくなった」
「女性比率が大きい会社に合った、女性らしいデザインになった」
「細部のデザインの質と、冊子全体の統一感が向上した」
といったコメントを読者の皆様からいただくことができたそうです。

誌面構成の作成や吟味が難しいと思われているかたは
原稿作成前や後、企画立案などのタイミングで
担当デザイナーに相談してみると、良いアドバイスがもらえるかもしれません。

2011年9月 1日

このページの先頭へ

目次 企画・編集

  • 原稿をデザイナーに渡すその前に