社内報・会報誌を修正ゼロで実現するデザイン会社

トップ  > 学生のための現場で学ぶエディトリアルデザイン講座

現場で学ぶエディトリアルデザイン講座



本講座は、エディトリアルデザイナーになりたいと思い描いている学生の皆さんが、その実現に一歩近づくための講座です。
エディトリアルデザインは、「企画の主旨に合ったデザイン」「ページの流れを考えたデザイン」「読者を惹き付けるための工夫」「読者を迷わせない構成」「読みやすく伝わる文字組」などをしっかりと考える必要があります。また、細部にまで神経を行き渡らせることも不可欠で、ディテールがしっくりこないために何度もやり直しを重ねることもあります。
良いデザインというのは、全体を見る目と細部を見る目、両方の配慮が幾重にも積み重なってできるものなのです。

今回の講座はデザイン作業を5回に分け、5週間を通して各段階でアドバイスを行います。
実際の仕事に非常に近い課題を通して、デザインする際の考え方や修正作業など現場のワークフローと同じ手順で制作し、最終的には採用できるレベルまで仕上げることを目標としています。

講座の様子

講座の概要

講座名学生のための現場で学ぶエディトリアルデザイン
対 象デザイン専門学校や美術大学の最終学年生徒
開講日2015年7月23日スタート
回 数毎週1回、全5回(詳細は下記別表をご覧ください)
定 員4 名
条 件毎回課題が出ますので、しっかりと取り組むことのできるかた
場 所株式会社スタジオ・タブ内
締め切り7月10日(金)
お申し込み方法ページ下部の問い合わせフォームよりお申し込みください。
※応募状況により締切日前に締め切らせていただく場合があります。
受講料無 料

講座の進行予定

内容日程時間
第一回課題説明、アイデア出し、相談7月23日(木)14:00〜18:00
第二回サムネール提出、講評7月30日(木)14:00〜16:30
第三回ラフレイアウト提出、講評8月6日(木)14:00〜16:30
第四回仕上げ提出、講評8月20日(木)14:00〜16:30
第五回再仕上げ提出・講評8月27日(木)14:00〜16:30

希望者多数の場合、書類選考を行います。

課題内容

課題は、企業が発行する定期刊行物(会報誌または社内報)の誌面を予定しています。 企画主旨や内容をしっかりと読み解いて構成してください。
また、この講座では各自で行ってきたラフやデザインを元にアドバイスを行います。時間の中でアイデア出しやディスカッションを行うこともありますが、その場でMacを使用しての作業は予定していません。
各自持ち帰ってInDesignやIllustratorなどで作業したものをプリントしてきてください(プリンタがない場合は、ご相談ください)。

お申し込み

下記フォームよりお申し込みください。

会報誌・社内報の悩み、解決できるかもしれません

2012年の受講者の感想

受講生の感想_1
受講生の感想_2
受講生の感想_3
受講生の感想_4
受講生の感想_5

お申し込み

下記フォームよりお申し込みください。

会報誌・社内報の悩み、解決できるかもしれません