社内報・会報誌を修正ゼロで実現するデザイン会社

トップ  >  データ・印刷の基本  >  FSC森林認証紙とは?

データ・印刷の基本

FSC森林認証紙とは?

FSC森林認証制度とは

FSC森林認証制度とは、森林環境を守るために、「生態系に配慮した適切な管理をしている森林か」「適切に管理された森林から生産された木材を原材料として使用しているか」などを、世界的な厳しい基準で審査していく制度で、FSC(Forest Stewardship Council:森林管理協議会)が評価・認証しています。
厳しい審査に通過した森林や木材・木材製品にはFSCマークをつけることができ、環境に配慮した製品であることの証明となります。森林認証紙は、企業のCSR活動の一貫として注目を集めており、各企業の環境報告書やIR報告書での採用、金融会社や証券会社などでの大々的な採用などが始まっています。森林認証制度にはFSCの他にPEFCがあります。

FSC

正式名称Forest Stewardship Council:森林管理協議会
設立1993年。本部はドイツ・ボン。
目的世界中全ての森林を対象とし、環境保全の点から見て適切で、社会的な利益にかない、経済的にも継続可能な森林管理を推進する。
認証システムCOC認証システム
特徴厳しい審査基準。世界的には森林認証の最大手ブランド。国内での知名度が高く、多くの印刷会社が認証取得済み。WWF(世界最大の自然保護 NGO )も、世界的な持続的な森林の利用を推進するため、FSC森林認証制度の普及と推進に取り組んでいる。

※COC認証システム:認証森林からの伐採から製品までのすべての工程を追跡調査することができるシステム

FSCマークを印刷物に使用するための注意点

  • FSC認証の審査基準が厳しいため、FSC認証紙は多くありません。
  • FSC認証を受けている印刷会社で印刷しなければいけません。
  • FSCマークがついていても、実際に認証材が配合されているとは限りません。

現在、FSC森林認証のラベリングは「クレジット方式」を採用しています。これは、製品に使用した認証材の総量をクレジットとして保有し、その量と同量の製品に対してFSCマークを付けられる、というものです。その際には、認証材料を使用したロットにラベリングすることもできますし、認証材の含まれないロットに対してラベリングすることもできます。そのため、FSCマークがついていても必ずしもその製品に認証材(パルプ)が配合されているとはいえません。

以上は、FSC森林認証、森林認証紙について簡単に説明したものです(2008年6月現在)
最新情報やより正確に詳細をお知りになりたいかたは、下記のサイトをご覧ください。

FSC
http://www.forsta.or.jp/1_main/main.html

WWF
http://www.wwf.or.jp/activity/forest/sus-use/fsc/index.htm

もう一つの森林認証制度:PEFC森林認証制度について→

2008年6月 4日

このページの先頭へ