社内報・会報誌を修正ゼロで実現するデザイン会社

トップ  >  仕事のブログ  >  創刊の準備に必要なこと

仕事のブログ

創刊の準備に必要なこと

昨年は3つの創刊を担当させていただき、
現在新たに2つの創刊を進行中です。

会報誌や社内報を創刊するとき、
お客様で立てられたスケジュール通りに進まないことがよくあります。
途中で企画が変更になったり、最終段階で「待った!」がかかったり...。
振り出しに戻ってしまうこともあります。
いろいろなことが起きますので、
スケジュールは、かなり余裕を持って立てておくと良いと思いますが、
途中で問題が起きないよう、事前に押さえておくポイントがいくつかあります。
その中から今回は、読者(ターゲット)の把握について簡単にお話します。

会報誌や社内報は、さらなる業績アップや企業の課題の解決など、
様々な効果が期待できる媒体ですが、
より効果を上げるためには、読者の把握・設定が非常に大切です。
それによって、企画・仕上がりは、まったく異なるものになります。

例えば、通販会社が発行する会報誌の場合、
年齢、性別、地域、所得、家族構成、趣向などの属性が思い浮かびますが
それだけではありません。
他にも明確にすることがあるのです。

(続きは下をクリックしてください)

1  2  3

2014年1月20日

このページの先頭へ