社内報・会報誌を修正ゼロで実現するデザイン会社

トップ  >  仕事のブログ  >  微妙な違いに苦戦

仕事のブログ

微妙な違いに苦戦

昨日ロケハンに行った新入社員紹介記事ですが
実はまだトビラのレイアウトが決まっていませんでした。

担当スタッフは、いろいろなレイアウトを考えるのですが、
「より企業イメージに合うようにしよう」
「もっと新入社員らしくできるよ」
「これまでと変化をつけて、新鮮さがもっと欲しいね」
...

いろいろな理由で、私としてはOKが出せません。
どれも完成度はあり、合格点と言えば合格点なのですが
上記のような微妙な点で、まだクライアントにはお見せできません。
本人も分かっているようです。
「なにかが違う...」
それでも解が見つからない。

苦戦していました。

このような状況で、アイデアを考え続けることは
とても辛い作業です。
肉体的にも精神的にも疲労がたまり、追いつめられていきます。
(ちょっと大げさですね...)
「途中の案で提出して良いのでは?」
「これが限界じゃないかな」
という気持ちがもたげてきても仕方のない状況です。
もちろん、それは許してはいけない話ですが
本人が自分の意志で、諦めないでアイデアを考え続けてくれました。

13案目に持ってきた案は、今までとは明らかに違う、
「良い!」と思えるものでした。
すべての課題がクリアされていました。
きっと本人も、「できた!」という気持ちで、持ってきたことでしょう。

よく頑張ってくれました! お疲れさま!

今も週明けで良いよ、という作業を終わらせようと頑張ってます!

2013年3月22日

このページの先頭へ