会社案内・会報誌・社内報・カレンダーのデザイン制作

  • Work 事例紹介
  • About us 会社案内
  • Contact 連絡

クライアントインタビュー

新日鉄都市開発さま

弊社はアウトソーシング先としていかがですか?

吉田:スタジオ・タブさんとのお付き合いはすでに7年になりますが、それ以前は、デザインも含めてすべて社内で制作していました。社内報の制作は広報業務の中で一番時間がかかり、連日深夜まで残業が続くなど非常に負荷が大きい状態でした。もっと戦略的な広報活動へシフトしていかなければという時に、社内報の一部をアウトソーシングする形でお付き合いが始まり、その1年後からは全ページのレイアウトをお願いしています。すべてを自社で制作していた頃に比べれば、業務負荷は格段に小さくなりましたし、プロにお任せすることでクオリティも高まりました。
 ただ、アウトソーシングで難しいのは、私たちが頭の中で思い描いているイメージと、制作してくださる方のイメージをいかに一致させるかという点です。これが一致していないと、出来上がってきたものに対して首をひねってしまうことになるんですね。

新日鉄都市開発さま

吉田さま

初校の段階でイメージ通りに仕上がることが望ましいですね。

吉田:ですから、オリエンテーションは大事にしています。レイアウトのみをお願いする場合でも企画の趣旨をしっかり説明して理解していただき、その上で、どのように読みやすくするか、そのために何を入れたらよいか、ページの構成を考えてもらっています。スタジオ・タブさんは企画趣旨や制作意図に対する興味と理解度が高く、私たちの頭の中にあるイメージを上手く具現化してくれています。担当していただいている桶田さんは、少年のような好奇心と純粋な心を持っていて(笑)、意外なところに突っ込んでくるんですよ。時には事業者しかわからない専門的なこととか。それでもきちんと答えられるように、自分自身が企画や事業の細部まで深く理解するよう心がけています。
野尻:特別企画などは毎回内容が異なり大変ですが、企画意図だけでなくこちらの好みまでをよく把握していただいているので、とてもやりやすいですね。

新日鉄都市開発さま

野尻さま

取材や原稿も担当させていただいていますが、そちらはいかがでしょうか?

吉田:社員の仕事上の転機を紹介する『Passage』や、さまざまな業界で活躍されているビジネスパーソンにものづくりに対する想いを語っていただく『ものづくりの心』、『ビジネスマナーUP講座』などの原稿制作や企画をお願いしていますが、構成や人選、取材についても、自分たちとは異なる視点でご提案をいただけるので企画に膨らみや広がりが出て、社内報全体のレベルアップにつながっています。
野尻:『Passage』の取材を社員に依頼すると、「自分には転機などないよ」と大抵及び腰になるんですが、いざ取材を始めると本人が意識していなかった部分まで引き出して記事にしてくれます。その取材技術はさすが! だと思います。
吉田:そう、社員や社外の識者の方などご本人への原稿確認をすると、「とりとめのない話を上手くまとめていただきありがとうございました」というお言葉をよく頂戴しますね。これは"出ることが気持ちいい社内報づくり"に大きく貢献していると思います。
 また、最初の勉強や情報収集がとても大変な企画もあります。ネットで情報をあたるとか、書籍を探すとか、専門の勉強をするとか・・・。そのような企画でもきちんと整理して文章を書きおこしていただけるので安心ですね。

新日鉄都市開発さま

弊社に対するご要望や今後期待することはございますか。

野尻:健康管理でしょうか(苦笑)。負担をかけて申し訳ないという気持ちでいっぱいです。
吉田:これまで社内で担当していた特集についても、原稿作成をお願いできる部分はお願いしたいと思っています。特集の制作にご協力いただく際には、今まで以上に当社の事業内容や社内事情に対するご理解をいただかなければならず、ご苦労をおかけする部分もあるかもしれませんが、よろしくお願いします。

御社のお役にたてるよう益々努力してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。本日はありがとうございました。

新日鉄都市開発さま

  スタジオ・タブ 担当者より

新日鉄都市開発さまは非常にクオリティの高いアウトプットを望まれているため、常に"これで本当に満足していただけているか"という緊張感の中で制作にあたっています。デザインについては、時間や掲載内容などに制約がある中、いかに社員の皆さまに興味を持って読んでいただくかに毎回苦心しますが、そこが一番やりがいを感じるところでもあります。原稿については「事実を正確に伝える」ことを望まれているので、誤解を招くことのないよう言葉の使い方や言い回しにまで細心の注意を払いつつ、全体にストーリー性を持たせて説得力ある原稿に仕上がるよう努めています。
今後は企画を含めて、より新日鉄都市開発さまのニーズに合致したご提案ができるよう邁進してまいります。

  • 会報誌・社内報の制作
  • 会報誌・社内報デザイン発注講座
  • 社内報制作お客様事例
  • Work 事例紹介
  • About us 会社案内
  • Contact 連絡